SIMフリーiPhone6こっそり値上げ。円安の影響か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Simロックフリー版のiPhone6が公式サイトで以前の価格より8000円から1万ほどの値上げがされた。

このほかSIMフリー版iPhone 5sの価格も、16Gバイトモデルが6万4800円、32Gバイトモデルが7万800円と7000~8000円値上げしている。

スポンサードリンク

iPhone 6の16Gバイトモデルが7万5800円(税別、以下同)、64Gバイトモデルが8万7800円、128Gバイトモデルが9万9800円。従来から8000円~1万円の値上げとなった。

またiPhone 6 Plusの価格も、16Gバイトモデルが8万7800円、64Gバイトモデルが9万9800円、128Gバイトモデルが11万1800円と、こちらも8000円から1万2000円値上げした。

スポンサードリンク

価格は11月14日に変更となったが、KDDIやドコモ、ソフトバンクのiPhone価格はそのまま継続となっている。

今回の値上げにより、iPhone6Plus 1台でiPadが2台買える計算になる。1ドル115円換算するとここまで値上げがされる。9月のiPhone 6/iPhone 6 Plusの発売時点(1ドル=107円台)と比べても8%ほど上昇、9月以前を比較対象とすれば10%以上の円安となっている。

為替レートだけで判断すれば、値上げもやむをえないレベルの変動幅といえる。他のメーカーや携帯以外の企業は軒並み厳しくなっていることだろう。

アップル製品の米国外での販売価格は、日々刻々と変動するわけではなく、レートが安くなればiPhoneも値下げされるかというとそうではない。

一度値上げされればよほどのことがない限りは、利益のために値下げは行わないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す