MVNOのネット速度が快適に。高い携帯料金とおさらば!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当サイトでは何回かMVNOについて紹介してきた。

2015年5月からのSimフリー化。固定された定額サービス。高すぎる携帯代金。

様々なメディアより注目を集めており、だいぶ快適になったMVNO。もはや格安スマホも馬鹿に出来ない。

スポンサードリンク

まずau,docomo,softbankの月々の料金は約7000円台。通話カケホーダイのデータ2GBプランだ。

今のところこれが最安値。2700(基本)+300(ネット)+3500(ネット定額)+税。動画を見ない人は2GBあれば殆ど収まるレベルだ。これを踏まえた上でMVNOの魅力を書き記そう。

①使用端末:Xperia Z3(Simフリー海外版)もちろんbaiduが入ったまま。(adb未完了)

②Sim:OCNモバイルONE(1日70M)一か月2GB。月額1008円。ドコモ回線。

③スピード計測アプリ:RBB SPEED

④場所:都内

今回は最新スマホを使用だが、ドコモの2012年発売SC-03Dは7Mbps出た。まず比較対象として、メインで使用しているauのiPhone6 Plusで計測。

左の低い順から駅の地下、自宅LTE、自宅Wifi。

標準といえば標準だ。ネットの速度は10Mbpsも出ればスマホ見るのに十分だ。流石に地下ということもあり、通常の半分ほどしか速度が出てはいない。

次にXperia Z3(Simフリー海外版)の格安Simを入れた速度。

駅の地下で下り16.6Mbps 上り 16.2Mbps。

自宅 下り23.6Mbps 上り 17.7Mbps。

スポンサードリンク

流石に回線を借りて使用するMVNOなので、キャリアそのものの速度にはかなわないが、十分すぎる能力だ!!

これはデータ専用であるが、2台持ちしてカケホーダイ(折りたたみ)2200円とMVNOの1008円で3000円台で使用が可能になる。

他にもMVNOには音声プラン使用出来るので、試してみる価値はある。そしてOCNのデータ専用Simは解約金が発生しない為いつでも辞めることが出来る。(MVNOでも2年契約がある会社がある。)

MVNOで速度を気にするのであれば、解約金がかからないOCNで試してみるといい。これで高い携帯料金とおさらば!

OCN モバイル ONE ナノSIM 月額900円(税抜)~

OCN モバイル ONE マイクロSIM 月額900円(税抜)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す