恐ろしき空の猛威。ダウンバーストは自然災害を引き起こす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

空港進入経路上で積乱雲が発生するダウンバーストもしくはマイクロ・バーストと呼ばれる強い下降気流が発生することがある。このような下降気流が発生し着陸航空機が巻き込まれると滑走路に機体がたたきつけられる形となり着陸失敗という大事故につながる。

雨なども一緒に降ってくるが、あれは爆弾ともいっていいだろう。

スポンサードリンク

ダウンバーストは、潜在的に、または地面の近くに風で損傷する爆発を含んだ強い下降気流

ダウンバーストの直径が2.5未満マイルあれば、マイクロバーストと呼ばれる。

そのマイクロバーストだが、噴きつけられると激しい竜巻が襲ってきたのだと思われるほどだ。

木々がなぎ倒されているが、噴きつけられた風は一方向に綺麗に飛ばされている。

マイクロバーストの二種類

マイクロバースト乾燥マイクロバースト、米国の特定の部分にネイティブウェット各マイクロバーストの2種類があります。

スポンサードリンク

乾燥マイクロバースト

例えば、デンバーなどの乾燥機気候、乾燥マイクロバーストを経験します。乾燥マイクロバーストは、表面にほこりや汚れをキックしない限り見ることは、事実上不可能になっている。

ウェットマイクロバースト

ロッキー山脈の東には、特に米国南東部では、湿ったマイクロバーストが支配的です。遠くから見ると、湿ったマイクロバーストは、表面での衝撃点からはなれているが、雨の爆弾のようである。

実際に、ウェットマイクロバーストに叩きつけられた民家の映像がある。

 ダウンバーストに当たってしまったら、飛行機はほぼ墜落してしまうだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す