いい音楽を聴くならMDR-Z1000に戻ってくる。使用者レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2014年8月。

ハイレゾ対応のヘッドホンが出てくる中、やはりいい音楽をいいヘッドホンで聞こうと思うなら、SONYのMDR-Z1000になってしまう。

MDR-Z1000はハイレゾ未対応であるが、そんなのも関係なく音質かつ耳触りがとてもいい。

スポンサードリンク

型式 密閉ダイナミック型(耳覆い型)
ドライバーユニット 50mm、ドーム型(HD、OFCボイスコイル)
感度 108 dB/mW
再生周波数帯域 5~80,000 Hz
インピーダンス 24 Ω
最大入力 4,000 mW
コード長 約3 m/1.2 m 7N-OFCリッツ線
コードタイプ 着脱式
入力プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ(1.2mコード)、金メッキステレオミニプラグ(3mコード)
質量 約270g

まず購入したら音楽垂れ流しで約200時間くらいエージングを行う。

Z1000はスタジオユース。CD900STはレコーディング用だ。

スポンサードリンク

Z1000の方は、レコーディングより後の作業、ミキシングやマスタリングを「ヘッドホンで確認する場合」に使い、CD900STはレコーディングそのもの、録れた音の確認、ミキシング時のイコライジングまでが主な役割。
音質がいいのはZ1000。CD900STが勝ってるのは余計な響きを付け加えないで、リズム、タイミングがシビアに正確である。他の要素、空間描写や、適度な響き具合、高音域の詰まり感の少ないことなど、Z1000の方がいい。

ハイレゾなんのそのって感じになる。音が忠実になるので、音源が悪いとその音まで拾う。CDからウォークマンならビットレートを上げて音楽をいれるといい。

昔は6万円台だったが、今では4万ほどで購入出来るので買って損はない。

 

SONY ステレオヘッドホン Z1000 MDR-Z1000

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す