ケイ・オプティコム、KDDI回線を使い格安スマホを今夏へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関西電力の通信事業のケイ・オプティコムが大手の通信料の半額ほどで使える格安スマホを出すと発表があった。

格安スマホといえばイオンのNEXUS4で日本通信SIMを使った2980円。ニュースなどでも取り上げられた記憶に新しいものだ。

既存の携帯会社から回線を借りるMVNO方式を採用する。

 

スポンサードリンク

BIGLOOBや日本通信などのMVNO業者はドコモの回線を借りていたが、ケイ・オプティコムはKDDI(au)の回線を使う方向性だ。

ケイ・オプティコムは関西の2府4県で光回線サービスを提供し、戸建て向けでは5割近い市場占有率を握る。フレッツ光のような状態だ。「LaLa Call」(ララコール)はスマートフォンから携帯・固定電話への通話料金がおトクになる通話アプリ。ケータイや固定電話へもおトクに話せて、さらにアプリ間の通話は無料で使える。

スポンサードリンク

IP電話なので「050」から始まる電話番号である。毎月100円(税抜)かかるが、格安スマホを買った人には無料で使えるようだ。

ケイ・オプティコムはもともとネットと固定電話を合わせるとAUスマホの料金が安くなるスマートバリューが適用できる業務提携を結んでいる。

なのでKDDIの回線を借りるのは当然といえば当然だろう。通信を貸すという点ではKDD側もマージンが入ってくるのでプラスと考えるべきだろう。スマートバリューはもちろんのこと対象外である。

この格安スマホの通信速度がどのくらいになるかはわからないが、MVNO事業が今後活性化されるのは間違いないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す