次期iPhone6はiPhone Airと呼称?年内から2015年にずれ込む可能性。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本にて絶大な人気を誇るiPhone。

大体1年の周期で新しいiPhoneを発表する。iPhone5Sから次世代iPhone6と新たな進化を遂げることを人々は待ち望んでいるだろう。

しかし、今年発売が噂されてきたiPhone6は生産の遅れにより発売が2015年に延期されると台湾の工商時報が報じた。

(画像元:mac Rumors

スポンサードリンク

前回の記事で大型になると報じたが、4.7インチと5.5インチの二種類が発売予定となっている。また大きい5.5インチサイズは「iPhone Air」とも呼ばれいている。これは正式名称ではないのだが、これが事実ならばiPad Airなどの立ち位置として出される。

4.7インチのiPhone 6は今年の初秋に発表され、同様の仕様を持つ5.5インチのiPhone 6は、生産上の問題を抱えていることからそれより遅れて発表されると伝えられいた。どうやら2mm以下の新型バッテリーに開発に苦労しているようだ。

気になる新型の形だが、レンダリング画像からiPhone 5Sのモデルに見られるのと同じ色合いを維持し、ゴールドとスペースグレー色でiPhone 6Sのデバイスを示すが、薄く、丸みを帯びた形状をいている。また同じようにiPhone6Cも同じような形状だと予想される。画像は新型iPhoneのコンセプトを元につくられたもの。Appleはまた、100ドルでiPhone 6の価格を高めるために各携帯キャリアと交渉している。 つまり1万円の値上げだ。

スポンサードリンク

現在までの新型iPhone機能まとめ

①解像度は1,920×1,080、画素数は468ppi(iPhone 5sは326ppi)

②従来はゴリラガラス→サファイアガラス、大きな利点は、強度や耐久性、それにキズや破損に対する抵抗力。

③手ブレ補正機能付きの機能向上したカメラ。カメラセンサーは、10メガピクセル・センサー

④インセル型のタッチパネルが採用される見込み。ただし現在は生産上に何かしらの問題を抱えている。

⑤発売時期は4.7インチが今年の秋、5.5インチが2015年予定。

⑥デュアルコアA7チップ(プロセッサ)→A8チップ、クアッドコア。チップの製造をサムスンから台湾の世界最大の半導体専業ICファンドリーメーカー、TSMCが製造

⑦価格が1万ほど値上がりする。

画像やコンセプト動画が出始めてきている以上、発表が待ち遠しくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す