深刻な問題。スーツの股破れ。通称デブ穴!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スーツを着ていると、自然と股の下が破れていたことはないだろうか。

そして、どんどんスーツの上、背広だけが溜まっていく。

破ける原因は太りすぎである。

 

 

スポンサードリンク

そもそも何が原因?

股ずれは、歩いているときの外からの摩擦と中からのスレで起こります。

スーツのズボンの内側が体温によって温められ、生地にダメージを受けやすくなっているところへ、足が動くので傷みが進んでしまうのです。

いわゆる股のところが蒸れているような状態である。

汗がついたままにしておくと、硬くなり、そのまま着続けると、擦れの損傷は激しくなる。

 

衣類全般に言えることだが、水をこぼしたとか雨に濡れてタオルや手で拭こうとすると、摩擦で汚くなったことがあるはず。

スポンサードリンク

それが繰り返され、スーツに穴があいてしまうのだ。

実際に一回り大きめのズボンから、太ももがぴったりサイズのスーツに変えた所、

1か月で2着駄目にしている。

 

解決策としては、スーツを新規購入時に股当てをつけてもらうことだ。

スーツのズボンは、裏地のないものがほとんどですから、スパッツや男性ならやや丈の短めの股引をはくと、股ずれからスーツを守ることができます。特に汗をかきやすい暑い夏こそ、効果があります。

最後に、残念ながらすでに股ズレができてしまったという方には、一度は股ずれの修理をしてみてください。服修理専門店などて、裏から当て布をし、ミシン刺しをして補強してくれるようです。

ただし、一回3000円から5000円近くするのと、スーツ購入時にちょっとだけ布がポケットとかに入っていると思う。

その布がないと出来なかったりするので要注意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す