ワイヤレスヘッドホン。BTN200 DR-BTN200とMDR-1RBTの使い心地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SONY DR-BTN200(W)

一つ目にかったのは「BTN200 DR-BTN200
SONYのイヤホン好きなのでSONY製で紹介

 

 

スポンサードリンク

商品説明
ワンタッチ接続(NFC)機能搭載。Blutooth 3.0、Bluetooth HFP/HSP対応のスマートフォンや携帯電話のハンズフリー通話が可能。Bluetooth A2DP対応の音楽プレーヤーやスマートフォン、携帯電話をワイヤレスで再生。連続再生40時間の長時間バッテリー。付属のUSBケーブルでパソコンと接続して簡単USB充電。高音質な通話を可能にするノイズサプレッション、エコーキャンセレーション搭載。マルチペアリング・マルチポイント対応。(Amazon紹介より)

設定も簡単。
USBで充電をするのだが、連続使用40時間は長くてありがたい

ワイヤレスと聞くと音質が悪いイメージがある。
実際にそう思っていた。

ネットで例えると、auひかりが優先で1GB速度出るのに対し、ワイヤレスは400MBくらいしか出ないのと同じだ
(最大での表示だが・・・。)

まぁ偏見持ちが使ったわけだが・・・

別段問題はない。
欲をいうなら、高音域がどうしても足りない。
5000円から6000円だったら別段問題ない感じだね

いわゆるワイヤレスヘッドホン入門編って感じだね。

商品はこちら↓↓↓

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット BTN200 ブラック DR-BTN200/B

閑話休題

スポンサードリンク

135109718791013130340_DSC05822

2つ目も同じくSONY
MDR-1RBT

一度いいヘッドホンを変えると満足できなくなるって法則はかわらないよね。

今年の夏
bluetoothヘッドホン(3万円以上5万円未満)で金賞をとった品

着脱式になっていて電池が切れても普通にさして優先で聴けるすぐれもの

音質は・・・

あのMDR-1Rと同じくらい
ってか同じ。(あなたは音楽を聴くなら原音派?重低音派?で紹介)

優先専用の通常モデルとBluetoothモデルと
ノイズキャンセリングモデルの3種類ある

だから買う時どのモデルかってみないと別のを買ってしまったりして・・・

アマゾンだと1R-MDR-1Rって表記されないから注意。

商品はこちら↓↓↓  最初にBluetoothモデルになってます

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 1RBT MDR-1RBT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す