第5回 WordPressのSEOテンプレート選び!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はサイトの外観である
テンプレートについてお話していきます。

外観は自分で作れるよ!という方は置いといて、
超初心者でも出来る使える
テンプレートをいくつか紹介。

とはいえいくつか用語が出てくるので、
あなたのサイトイメージを
頭に描いてみてください。

スポンサードリンク

カラムって何だ?

テンプレートの中に2カラム、
3カラムというようなワードが出てきます。
これらは、ヘッダーフッターを挟んだ
真ん中の個数をカラムと考えてください。

左が3カラム、
真ん中と右が2カラムという具合です。

それが下のようなレイアウトになります。

このようなサイトは
いくつか見たことあると思います。

昔は3カラムがSEOとしても有利
といわれていましたが、
今は特に意味はありません。

サイドには一般的に、
カテゴリーなどの
内部リンクが表示されていますよね。

しかし、やはり一番見てもらいたいのは
メインコンテンツなんです。

スマホならともかく、
パソコンで見る場合3カラムだと
文字とか幅が小さく見づらい印象を受けます。

カラムにも注目しつつ、
どんなのがいいかイメージしてとりましょう。

ブログ向けテンプレート3つほど。

有料のも売ってはいますが、
有料版は「賢威」というテーマがオススメですね。

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。
レスポンシブWebデザインにも対応!
パンダアップデート・ペンギンアップデートで
悩むサイトオーナー様必見の
SEOマニュアルが付属!

今回は無料でオススメしていきます。

①バズ部(右側のブログテーマ)

スポンサードリンク

当サイトでも使用しています。
SEO対策に様々なポイントだったり、
見やすくするためにプラグインが
入っていたりなど使いやすくシンプルです。

左もいいのですが、アフィリ向けかな?
ほぼ決まったテーマだと左ですね。

このテンプレートは企業も使用しており、
カスタマイズもしやすい。

ライティングページ(LP)や
CTAなども標準であり、
記事ごとにカラムも変更出来る機能
があるので非常に便利。

②Catch Box

ワードプレス内にある
外観⇒テーマ⇒新規追加⇒右の検索欄に
テーマ名をうちこんで
インストール⇒有効化すれば使える。

レスポンシブデザインや
自由にページレイアウトを
組み替えることができる機能

あるいはスライドショーが
標準装備されている点など、
全体的に平均点が高いテーマである
ということは間違いありません。

他のテーマに比べ、
取り立ててこれがどうのこうの
というような特徴、強み、
目玉、真新しさといったものはありません。

なんというか、クラスに一人はいる
「目立たないけど賢い優等生」

③Surfarmar (サイト入ってダウンロード)

カッコイイデザインかつ写真やニュース系記事、
アフィリエイトに
ぴったりなサイトになっています。

どちらかといえば特徴は写真、画像を
強調するのにもってこいな
4カラム・ピンタレスト風の外観、
スマホ対応のレスポンシブ仕様、
そして「カラー!」の3点。

ブログというより写真ギャラリー
として使う分にも良さそうです。

デモサイトhttp://surfarama.com/

テンプレートはいつでも変えられる

紹介した以外にもたくさんのテンプレートはある。

テーマはいつでも変更可能だけど、
プラグインが完全に変更されない場合がある。
なので、決めたらそのままつづけた方がいい。

慣れてくるといろいろ弄って変更かけるけど、
変更に失敗して戻せなくなることがあるので、
気をつけよう。

次回は「入れておいた方がいいプラグイン一覧」

一覧なので細かい説明は別途になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

レスポンシブWebデザインにも対応!
パンダアップデート・ペンギンアップデートで
悩むサイトオーナー様必見の
SEOマニュアルが付属!

 

詳細はこちら

コメントを残す