ヴェネツィアではスーツケース車輪音を禁止へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イタリアの美しき街並みが広がる水の都「ヴェネツィア」

観光客は年間約2200万人。市内では車の乗り入れが禁止されている為、人々は歩き、静寂の街とも呼ばれていたこともある。

しかし、観光客の増加も含めてスーツケースによる移動が多いため、車輪音が騒音として問題になっていた。

スポンサードリンク

中世ヴェネツィア共和国の首都として栄華を極めた。ヴェネツィア本島のほかムラーノ島、ブラノ島、リード島など、120もの小島からなる。ゴンドラで有名。

CNNによると、ベネチア市当局は22日までに、キャスター付きのスーツケースの使用を来年5月から禁止する方針を固めた。違反者には最大で500ユーロ(約7万3000円)の罰金を科す予定。

スポンサードリンク

キャスターによる騒音解消と歴史的な路地の石畳製路面などへの損傷防止を狙った措置。罰金を避けるには空気注入式など無音のキャスターを使うしかないが、観光客には悩みの種になりそうだ。地元紙ガゼッティーノによると、この新たな方針はベネチアの建造物条例に組み込まれる見通しとなっている。

地元住民は自宅の窓近くで鳴り響くキャスターの音がうるさく、睡眠の邪魔になるなどの不満を長年募らせていた。

静かな場所でもあるため、音が良く響くのである。日本でも街中でスーツケースをゴロゴロ引いて歩く人をよく見かけるが、あの音が昼も夜もずっと鳴り響くのは不快であるのは間違いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す