第8回 爆発的にアクセス数を増やすタイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログコンテンツ作成において良質なコンテンツは最も重要だ。

しかし、どんなに人が欲しがるような記事を書いても、

サイトに来てくれなければ意味がない。

 

だからこそアクセスが集まる為のSEO対策。

記事を書く上で重要な5つのポイントを紹介していく。

スポンサードリンク

タイトルを制すものはブログを制す

何か調べ物をするときに、

検索ページに出てきたものをクリックして内容を読む。

 

しかし、1ページ目であっても

クリックしないサイトも中にはあるはず。

 

本当はそこが欲しい情報なのに、

見向きもされない状態になってしまう。

 

いきなりですが、

あなたはブログ記事のタイトル
どうやって付けてますか?

 

一言に
タイトルを考えろ!」と言っても、

どんな付け方があるのかも
わからなくては、
タイトルを書こうとたびに
頭がフリーズして
カチカチになってしまいます。

 

そこで、
参考になるサイトとテクニックを紹介。

稼ぎたいなら記事タイトルに全てを懸けろ!

バズ部

10個の実例から学ぶ!読まれるブログ記事タイトルの6つのルール

 

バズ部さんは、
常に王道スタイルを提唱し、

真っ向勝負なWebマーケティングを追求し続けるサイトです。

ノウハウをザックリ言うとこんな感じ。

1.数字を入れる(1カ月とか、3つとか、30分とか)

2.役に立つことが伝わる(普段の生活がこんなに楽になる、効率化されるとか)

3.簡単であることが伝わる(誰でも簡単らくらく!ネットビジネス系に多い)

4.インパクトのあるキラーワードを入れる(『絶対』『必見』『圧倒的に』『超絶』『必須』

5.読者目線の言葉を使う(あなた、とかを使う)

6.伝えるべき情報を絞る(伝えたいメッセージは常に一つ)

 

例えばこの中の『数字を入れる』を実践すると、

・痩せるダイエット法!

スポンサードリンク

・1日10分で痩せるダイエット法!

とかね。

 

【ターゲット】にとって【一般論】ではなく【新しい主張】を入れる

例えば、「営業マンは売るな」という本があります。

 

これは「営業マンは商品を売るものだ」

という常識に対する逆主張をしているからです。

 

こうして一般論の
真逆の発信をすることで、

「なんだなんだ!?」

と、常識が覆され、
一気に注目を浴びるわけです。

 

これは検索エンジンにはあまり向いていませんが、

本のタイトルやSNSでの拡散には効果的でしょう。

 

文字数に気を使え!

実は検索エンジン、ヤフー、はてばブックマーク等々、

それぞれで決まった
文字数の制限があるのです。

 

そしてこれを知らないと文字が途中で切れたりしてしまい、

全く伝えたいことが伝わらなくなったりするのです。

全角で28文字なので、それを越えると文字が途中で見切れます。

だからこそタイトルに気をつけないと人は読まないのだ。

 

まとめサイトはタイトル付けの見本

まとめサイトは人が読みたくなるようなタイトルをつけたりする。

タイトルの前に

【悲報】○○・・・・・

とか

会話文でのタイトルとか。

 

興味を引き付ける勉強と思ってみてみるのがいい。

バズりやすい記事を抽出

1.最適な平均文字数(平均25文字

2.SEOを掛けたいキーワードの位置(前半か?後半か?→ここではほぼ均等

3.ビックリマークの使い方
(!を使って、前半と後半を区切る記事が100中36記事

4.前半にターゲット、後半にキーワードを入れる

5.前半に感情表現、後半にキーワードを入れる

 

バズ部のような基本を押さえつつも、

独自の注目ポイント。

それは、

・読者が普段使っている言葉を使う

ということ。

 

結構盲点なのですが、

これを使うと普通に語っているだけで共感が得られ

どんどん読者が集まってきます。

 

「こりゃあ役に立った!!」と思ったら、

是非ともシェア・リツイートお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す