シュワルツネッガー出演。新作:Terminator: Genesis(ターミネーター:ジェニシス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界的大ヒットとなった映画『ターミネーター』シリーズ。

今回で5作目となる新作が2015年7月ごろに公開予定となっている。

第一作目から登場していたアーノルド・シュワルツネッガー氏は前作は出なかったが、今回8年間にわたる州知事の任務を全うした後だったため、老体に鞭を打ちながらもターミネーターとして登場する。

 

スポンサードリンク

ターミネーター4がアメリカでの興行収入と批評がふるわなかったため、製作会社から続編製作について正式な発表はなかった。

2009年8月、シリーズの権利を所有するハルシオン・ホールディング・グループが破産法の適用を申請して倒産し、『ターミネーター5』の計画はすべて白紙に戻っている。

スポンサードリンク

2010年2月、米ヘッジファンドのパシフィコアが、2,950万ドルで映画化権を競売で獲得した。当初は2012年撮影開始、2014年公開の予定であった。 ところが、2011年9月、ジャスティン・リンが「ワイルド・スピード」シリーズ第6弾の製作を優先させる為に『ターミネーター5』の作成が遅れたが、なんとか公開予定が決まった。

エンターテインメント・ウィークリーによると、シュワルツェネッガー演じる「T―800」は1作目のような悪役ではなく、主役のサラ・コナーを守る役として登場。プログラムを書き換えられて味方になった「ターミネーター2」のような展開になるという。

サラ役にはエミリア・クラークが起用され、未来から来た兵士カイル・リースはジェイ・コートニーが演じる。カイルは1984年の第1作でサラを守るために未来からやって来て、2人の間に後の抵抗軍のリーダーになる息子のジョンが生まれるという設定だった。

今回はリブート作品。そして三部作の一作目となるターミネーター・ジェニシス。

回で5作目となる新作が2015年7月ごろに公開予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す