2014年9月9日は月が地球に近づく!!スーパームーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2014年9月8日は「十五夜」。旧暦の8月15日を「中秋の名月」。

丁度まんまるお月さまが見える日だった。そしてその次の日9月9日は月が最も近づく日。

スーパームーンと呼ばれる日だ。

スポンサードリンク

簡単にいえばスーパームーンとは月が地球に接近して普段より明るく大きく見える満月のこと。7月14日にもスーパームーンがあったが、今回のはそれよりも大きな満月が見られる。

満月は豊穣の象徴とされていた。月の満ち欠けによっておおよその月日を知り農事を行っていた。作物が月の満ち欠けとともに成長することから、月 = 豊作の神様、縁起のいいもの。十五夜の満月の夜は豊作を祈る祭の行われる大切な節目でもあったと記録されている。

スポンサードリンク

なので、十五夜は秋の収穫に感謝する祭りだったわけだ。満月は神様として扱われ、十五夜に供えられるお団子は、”満月” に向かって捧げられたもの。

お団子である理由は「お団子=穀物から作ったもの」であり、団子だけでなく果物イモ類。芋をささげていたことから芋の名月とも呼ばれていた。

9月8日である十五夜は過ぎてしまったが、その次の日は延長戦と考えればいい。9月9日の天気は北海道を除き全国的に晴れである。神秘的な月明かりを静かに見て平穏を祈ろう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す