「忠臣蔵」山科会議が行われた内蔵助の京都隠棲の地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「忠臣蔵」で有名な大石良雄は、
討入り前の一年有余、
山科の地に住居を構えていた。

山科には、赤穂義士にまつわる
数々の史蹟が今日に伝わってる。

スポンサードリンク

隠棲の地と伝えられる岩屋寺

 

赤穂城明け渡しの後、
内蔵助は山科の地に家を新築し、
ひそかに討入りの謀を
めぐらしたといわれていますが

討入りを果たした後、邸宅、
田畑など一切の財産を
岩屋寺(通称大石寺とも呼ばれている)
に寄進した。

本堂に浅野長矩の位牌や
四十七士の像が祀られているほか、
収納庫に赤穂義士にちなんだ
数々の遺物・遺品が保存。

スポンサードリンク

大石弁財天という
内蔵助を祀っている。

大石神社

大石神社は内蔵助をはじめとする
四十七士の義挙を顕彰するため、
昭和10年、京都府知事を会長とする
大石神社建設会、山科義士会、
浪曲界の重鎮であった
吉田大和之丞らによって
建立された神社。

 

中には宝物殿があり、
まつわる品が寄贈されている。

自由に見ることが可能だ。

山科には瑞 光 院(ずいこういん)
花山稲荷神社、腰 掛 石
極 楽 寺など多くの史跡がある。

鎖帷子や硯箱など、
義士の遺品も多く残っているので
是非、立ち寄ってみてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す