ちょっとしたことで高音質になる!! その1!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

00268-450x337ちょっとしたことで音質を上げる方法がある。よく音楽プレイヤーだと「iPod」や「WALKMAN」だったり携帯に入れたりとかいろいろしてると思う。

CDをアプリで入れてただプレイヤーにいれるだけなんてもったいない。

ヘッドホンでも音がよくなるが、元の音源がよくなければ音楽を楽しめない。
ではどのようにしたら音質がよくなるか。
そもそもどうしてそのままだと音質が良くないのかも含めて紹介。

スポンサードリンク

よく音割れするっていわれると何が原因?

①ヘッドホン自体の出力にあっていない
②音を出す出力がスピーカーの許容範囲を超えている。
③ヘッドホンの端子が弱っている。あるいは劣化している
④ヘッドホンの中の振動板が少しずれている。

他にもあるが大まかに考えられるのはこれら。
音割れというかノイズが入るもの、ヘッドホンを変えても直らないなんてことがある。

スポンサードリンク

それは音の圧縮

CDで聞く音とプレイヤーに入れた時の音は間違いなく音が劣化している

音を圧縮しているため劣化している。
音のロスレス
音質の劣化を伴わない音楽形式である「可逆圧縮」
これらを使用すれば音の劣化なく音楽を楽しむことができる・・・

あくまでも方法、データ量が半端なく大きくなる
(およそ300MBくらい)
対応している再生機器が限られているという点から別の方法がある


前置きが長くなったが今回はどのプレイヤーにも対応できる圧縮形式「mp3」でやろうと思う。
あと知識として「ニコ動」とかで「ビットレート320Kbps
最高音質とかでやっているのをみたことないだろうか

ビットレートは決められた時間におけるデータの送受信され処理されるかを表す数字
圧縮率、つまりビットレートが高ければ音の劣化は少なくすむわけだ。

つまりCDを入れる前に設定でビットレートをあげればいい音になる!!
低価格のヘッドホンでもなかなかいい感じで音を楽しむことができるのだ。

次回はその設定の仕方を図ありで説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す