少しだけ通話?カルテルだとわかる各社横並び新プランを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新型iPhone6Sの発売を前に各社が新料金プランを発表した。
はじめは他の企業のマネをしたのだと思ったのだが、一斉の発表の為に疑惑が飛びかかる。

スポンサードリンク

ターゲットはどこなのか?

このプランの目的はいったどこにあるのか。通常国内通話がカケホーダイである税抜2700円のプランが主流だ。ドコモは強制プランであるが。
1000円ほど安くなり、電話は時間制であるが、5分間のみ国内無料、超過分は30秒20円かかる。

各社でiPhoneが取り扱われ、家族が様々な会社の携帯を持っている時代になっており、知人友人もドコモ1強からバラバラになったことで「そんなに電話はしないけどたまにするくらい」のユーザーに向けて作られたものだ。

なのでAUで紹介されているネット中心なLTEプランmamorino3をつけて無料通話分を家族などで分け合うキャンペーンが意味をなさなくなる

5分程度なら十分というライトユーザーにおすすめだ。しかしながら、Yモバイルのように10分無料にしなかったのはなぜだろうか・・・・。

スポンサードリンク

強制に選ばされるデータプラン

このライトプランにした場合、インターネット定額が指定量以上のデータプランに加入しなければならない。

上記画像はAUで3GB以上からだ。尚、ドコモとソフトバンクは5GB以上からである。

家にWiFiがあって2GBで十分な人はこのプランは向かないのだ。なので7000円ラインを下回らないのが非常に残念だ。

通常 カケ放題 メール ネット
2700円+300円+3500円(2GB)=6500円
新プラン
1700円+300円+5000円(5GB)=7000円

結果的に高くなるという矛盾。先日「談合は止めろ、料金を引き下げろ」というニュアンスで安部総理が経済会議にて総務省に指示したことにより、新プランを発表したかもしれないが、結果的に安くなってはいない。

2年契約の縛りを見直す報告書案も出ているので、実際に動くことになるのは何年後になるのやら。
大手通信インフラにかかる利権や約11兆市場を減らしたくは無いのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す