発売間近!!iPhone6Sの情報をまとめ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

例年9月に発売されている新型iPhone。

今回は6Sとなり、8月の今では現行機種の買い控えが起こっているほどだ。

現在出ている情報をまとめてみた。

スポンサードリンク

①iPhone6Sはさらに値上げが予想される。

日本では、iPhone 6が発売された2014年9月ごろ、1ドル110円前後だったが、その後円安が進み、8月12日早朝の段階では1ドル125円を超えている。現在の円安トレンドの影響を受けて、SIMフリー版のiPhoneは日本で2段階値上げされた。

キャリアで発売されたものも実質負担額をあげたり、本体価格を上げたり、Androidと負担額がそこまで変わらない程になっていった。iPhone輸出が一番多いのが日本であり、次に中国である。

価格高騰が続き中国市場に不振があれば、Apple社も業績が下がることになる。アメリカ以外の輸出iPhoneは値上がり続けているので、時期iPhoneも値上がりが予想される。

②外部の変更はあるが、4インチサイズは期待されていない。

次世代のバージョンが内部的な改良ではなく、更新された外部の外観に焦点を当てられる。画面サイズは4.7と5.5インチのままだが、Appleは新しい4インチモデルを導入することが期待されていない。

消費者からは4インチサイズの声が求められている。廉価版iPhone6Cとして発売されるという情報もあるが、今のところ不明だ。

Appleに噂があったのは、新しいカラーオプションを追加(ローズゴールド)ピンクがiPhoneのラインナップに追加。

また、Apple Wacthで使用された同じ7000系アルミニウム次世代iPhoneに採用予定。アルミニウムは60%の標準的なアルミニウムよりも強く、軽量。

スポンサードリンク

③4K動画やカメラの性能が大幅アップ。

新デバイスは、2GBのRAM、より高速A9プロセッサを得ることが12メガピクセルのカメラを持つ4Kビデオ録画、音声品質を向上させるために追加のマイク、および一部ユーザーにあったiPhone 6とiPhoneの曲げ問題に対処するための新しい内部機械設計変更した。

④iPhone6Sは曲がりにくい設計になった。

公式に「Bendgate」として知られているが-後に広まったビデオテストではデバイスのわずかな湾曲を引き起こすために多くの力を取ることはありません」明らかにしました。

とはいえ苦情があったこともあり、、Appleのエンジニアは、スマートフォンの背面シェルの弱点を強化することにより、いわゆる「iPhone 6S」のデザイン。

1.14ミリメートル対1.9ミリメートルを- – Appleの次期iPhoneは、下曲げの影響を受けにくくすることができるとYouTubeに、「iPhone 6S」の家の周りの領域とボリュームボタンは、特に厚くなるように表示されている」と載せた

⑤Force Touchを含むショートカットを中心としたタッチ機能の改善

Apple WatchやMacBookにで搭載されているForce Touchだが、いまいちピンとこない。

タップした場合は、Bluetoothのオンオフを切り替えるだけですが、強めに押すと、Bluetoothの設定画面に切り替わる。、新しい補強材の追加。iPhone 6Sと6Sプラス厚い0.2ミリメートル、ほとんどのユーザーにほとんど目立たない変化であることを示唆している。

既に生産体制にに入っているとのことだ。

⑥9月9日に発表

Appleは9月に次世代のiPhoneを起動することが期待される9月9日の可能性が高い。iPhoneのイベントは、新しいのデビューすることがある9インチのiPadと、新しいApple TVを含むと言われています。

日本では発表の1週間後の16日か、18日あたりが発売になると予想されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す