【悲報】iPhone6の価格が大幅値上げ。10万超えも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ソフトバンクモバイルは4月14日より

iPhone6/Plusの本体価格を値上げした。

それに伴い、月々割も調整されたのだが、

4月30日までは4月前と同じ実質価格になるが、5月以降は実質価格も変更になるという。

値上げは円安の影響が大きいという。

スポンサードリンク

改定後のソフトバンク版iPhone 6/6 Plusの値段

iPhone 6

16GBモデルが70,080円から83,040円

64GBモデルが83,280円から95,760円

128GBモデルが94,080円から108,720円

iPhone 6 Plus

16GBモデルが83,280円から95,760円

64GBモデルが94,080円から108,720円

128GBモデルが99,360円から121,440円

スポンサードリンク


10万円を超えたことにより、分割契約時に支払い可能見込額調査(個人契約の場合)というものを記入する必要がある。これは、実際に支払い能力があるかどうかを年収で見る。世帯の合算で記載する欄もある。

既にドコモもiPhoneを値上げしており、KDDIも値上げは時間の問題である。

 

出典:iphone-mania.jp

日本はAppleへの依存度が非常に高い。輸入品であるiPhone6/6プラスの販売が急増すれば、貿易赤字が膨らむ可能性が高いためだ。国内総生産(GDP)成長率にも影響が大きい。

実際のところ、ソニーやシャープの機種は決して悪くはないのだが、いかんせん本体の実質価格及び毎月の維持費が高い。iPhoneはキャリアの施策によるところが大きい。

今後とも加熱するiPhone。新型が出る頃には一体いくらになっているのだろうか。

買うのであれば、今しかないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す