厚みのある音を手に入れよう。JVC「HA-FX200」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヘッドホンは持ち運びに
手間がかかってしまう。

だからカナル式イヤホンが重宝する。

いろいろイヤホンを試してみて
よくセールで出せれていたので
気になってはいたが、
とうとう手を出してみた。

スポンサードリンク

JVC FXT200LTD カナル型イヤホン Hi-SPEEDツインシステムユニット搭載 ブラック&ゴールド HA-FXT200LTD

型式:ダイナミック型
、再生周波数帯域:6Hz~26,000Hz、
出力音圧レベル:105dB/1mW、
最大許容入力:150mW、
インピーダンス:12Ω
コード:1.2m (Y型)
24金メッキL型ステレオミニプラグ付、
質量:約6.9g(コード含まず)、
付属品:イヤーピース(S,M,L 各2個)、
クリップ、
キャリングケース

スポンサードリンク

買った当初は少し硬い印象がありましたが、エージングをしていくと良くなっていきます。
ただ、他の機種よりもエージングに時間がかかる気がします。


低音と高音がはっきりしており
ギターやドラム
トランペット、バイオリンなど
サウンドミュージック系

よく合いますが、電子音はあまりいいとはいえません。

その低めの音は
ボーンと響くので
より細かに聴けます。

限定モデルと通常モデルが
ありますが、性能差はありません。

セール品で1万以下で購入できるので
興味あれば手を出してもいい一品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す