ドリルのようなイヤホン。ETYMOTIC RESEARCH( エティモティックリサーチ )のER-4PT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在定番となったカナル型イヤホンはエティモティックリサーチ(以後ERと略)が開発と発展に貢献されてきた。

補聴器メーカーに技術を生かしたイヤホンER-4。

1991年から発売されたのにも関わらず、現在でも現役というロングセラー商品だ。

そのERが新しく新作ER-4PTが発売された。

スポンサードリンク

<仕様>
■ カナル型イヤホン
■ タイプ:カナル型
■ インピーダンス:27Ω
■ 感度:102dB (SPL@0.1v)
■ 最大出力音圧:122dB SPL
■ 最大許容入力:0.75 Vrms
■ 再生周波数帯域:20Hz~16kHz
■ プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ ケーブル長:約150cm
■ 重量:28g以下

ドリルのようなイヤーピースをしているので大丈夫かと思ったが問題はない。むしろ付けた心地がいい。

BA型ドライバーの中では最高品質を誇る。音質はドラムをたたくとスカンと強く抜ける音だ。

スポンサードリンク

帯音的に高音が伸びているのとは違い、響く音が綺麗に感じる。非常にクリア。

女性ボーカルも強く刺さるような感じでもないので聴きやすい。

BA型で作るとこんな感じになるというのは素直に表しているかのようだ。

今作も遮音性にすぐれており、外部の音が入りにくい。

もっとも重要だと感じるのが、イヤホンジャックにおけるタッチノイズがほぼ無いこと

軽減はされているんだろうが、現状ではジジジというようなタッチノイズは聞こえてこない。

ERイヤホンは光る個性のある製品のブランドだ。今後も期待ができる。

AMAZONの購入はこちら↓↓↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す