イースト・アングリアに伝わる幽霊犬「ブラック・シャック」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラック・シャック (Black Shuck)とは
イギリスのイースト・アングリア地方に
かつて徘徊したといわれる「幽霊犬」

元々イギリスには
黒犬という
イギリス各地に伝えられている
妖精犬の総称

その民話を探ってみる。

スポンサードリンク

イースト・アングリア地方で
話題になったのが幽霊犬。
または黒い悪魔とも呼ばれていた。

何世紀にもわたって見つかってきました。
ほとんどの伝説では、
犬が大きな赤い目をしていると記述していました

時には、皿のような大きさで、
毛むくじゃらの黒い毛皮、口がうずき、
そして最も重要なのは –
多くの地元の話は、
シャックを死の先駆者
見なしている
と述べています。

週が終わる前にひどい運命に陥ると見ています。

民間伝承によると、
Black Shuckは1577年8月4日、
サフォークのLeistonから
約7マイル離れたBlythburghの
Holy Trinity Churchで
嵐の中に現れた。

村の人たちは、
雷鳴の激しい拍手がドアを爆発させ、
奇形の犬が墜落したとき、
教会の中で避難していたと伝えられていた。

尖塔が屋根を突き破る前に、
それは会衆を駆け抜け、
男と男の子を殺しました。

その後、犬は逃げ出し、
今日目に見える教会の扉の爪から
スコーチマークを残しました。

同じ日、ブラックシャックは
12マイル離れたところにいると言われ、
ブンガイ聖メアリー教会の礼拝中に
2人の崇拝者を殺した。

スポンサードリンク

聖職者、アブラハムフレミング
(Abraham Fleming)の牧師は、
1577年に書かれたパンフレットの中で
伝説の地獄ハウンドの出現を
記述したと考えられています。

「A Straunge and Terrible Wunder」
彼は次のように書いています:
「この黒い犬、またはそのような礼拝堂の御子(神はすべてを働いている人たちを知っています)は、人々の間で目に見える4mの中で、素早く、彼らはひざまずいて膝をひっくり返していたように祈っていました。ひざまずいたところで奇妙に染まった瞬間であっても、彼らの首は後ろの瞬間の一つに戻ります

最近の目撃情報

最近だと1960年に夏の夜に
Shuckを見たと主張した男は、
East Anglian Magazine
20年後に書きました。

その内容は↓

振り返ってみると、彼は2つの赤色のライトを見ました – テールライトのように、彼らが近づいていることを除いて。彼はできるだけ早くペダルを踏んだが、パンツは大きくなり、すぐに彼は彼のかかとで獣の熱い息を感じることができた。自転車のりは降りて彼の運命を待っていた。しかし、シャックは、彼に追いついて、自転車の前輪を介して急に左に回って、消えた!

震えた自転車のりは、最寄りのパブで停止し、彼の物語を語った。“愚か者だけが暗闇の後でその道に乗るだろう”と、最も酔っている酒飲みは言いました、そして他は合意にうなずいた。

死への道という風に解釈できる。

Black Shuckの骨がレイストン大修道院跡に?

レイストン大修道院跡に
浅い墓かたら
7フィートもある犬の骨が
見つかった。(およそ2m)

必ずしもそうだとは言えないが
フォークロアではShuckは親しまれている。

何故かは不明だが
シンボルにまでなっているほどだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す