2016年ソフトバンク「ギガ学割」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ソフトバンクが2016年の学割を発表。

機種変更でも学割の加入が可能となったが、新規と比べてキャンペーン内容が異なる。

検証結果は一番安い。

スポンサードリンク

受付期間は2016年1月15日から5月31日まで

学生の加入条件

・25歳以下であること(年齢が確認出来る証明書必須。保険証など)

・他社から乗りかえ/新規契約/機種変更と同時に機種ご購入

対象パケットプランにご加入

 

新規と機種変更ではキャンペーン内容が異なる。

というより、機種変更は決められた特典のみで、新規は選択制になる。

月々通信料割引ORデータ量増量かだ。

新規・MNP 通信値引き

ホワイトプランも対象になっている為、ガラケーが安く持てるのがソフトバンクだ。(AUはガラケー非対象)

安さに関しては今までと変わらないが、データ量に対しての割引が非常に高くなっている。

3年間ではなく2年間の割引だが十分すぎる。1620円は非常に大きい

データ量増量の場合

スポンサードリンク

データ増量が3GBかつデータプラン5GBからとなる為、必然的にライトプランの月7000円からが最安値になる。

AUが5GB増量になるので、その分でソフトバンクが負けてしまっている。

今回の学割ではデータ増量より値引きの方がお得になる。

月々の料金

今回は値引きが非常にお得なのでそちらで紹介する。

ガラケー。

ホワイトプラン 基本0円

Sベーシック 300円

パケットS  372円


 

672円が月々だ。

本体が980円で月々割が同額あるので、毎月1000円支払えば持てるというような計算になる。

スマートフォン

スマ放題 2700円

Sベーシック 300円

データ2GB 3500円

学割 -1500円 (税抜)


 

月々 5000円+税

AUは2年目から6000円台を超える為に新規は圧倒的にこちらが有利になる。

大体5GBもあれば十分なので、スマ放題ライトでも問題ない。

 

既存とMNPは過去学割に入っていても2014年以前なら加入が可能になる。ただし通常新規は不可。

ソフトバンク光のと併用が可能なので、今年の学割ではソフトバンクに軍配があがる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す