歌を本格的に練習出来るワンカラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1人でカラオケ。

ただ広い部屋で歌うだけってなんだか寂しくないだろうか?

ふと立ち寄ったひとりカラオケ専門店で見たのは、

プロ使用の設備だった。

 

スポンサードリンク

①入店したらまずは受付へ。
ワンカラは会員制。はじめてご来店の方は会員登録をしなければいけない!

※会員登録の際には、運転免許証、健康保険証、学生証などの身分証明書が必要になる。

②ワンカラではヘッドホンの装着が必須となる。持ち込みがOKなので気に入ったものがあれば持っていくといい。

ヘッドホンはレンタルも可能で、ヘッドホンのランクで料金が変わる。私が入った店ではオーディオテクニカ製だった。

個人的にオススメなのは、レコーディングだけでなく、10年間スタジオヘッドホンの基準となったSONYモデル。

SONY MONITOR HEADPHONES MDR-CD900ST

ヘッドホンの先はステレオピンではなく、フォーンプラグという変換器なので注意が必要だ。

③個室部屋の中の設備

ダイナミックマイクは、普通のカラオケに置いてあるマイク。コンデンサーマイクというのは、最高品質で声を収録出来るマイクのことだ。

「無指向性」別名、全指向性とも呼ばれ、その名の通り全方向から音を拾う。ちなみにかなりの精密機械なのでマイクに直接触っては決していけない。

スポンサードリンク

よくレコーディングで使用されるマイクなので、プロの気分が味わえる。マイクの前にあるのがポップガードと呼ばれるブレスガードだ。簡単にいえば、息継ぎや吐いた息がマイクに拾わないようにするやつだ。

ミキサーはBGMや声の雰囲気を自由に調整出来る。低音、高音、エコーなど、自分好みにアレンジして歌ってみよう!

上記の写真で一番左がマイクだ。

上から高音・中音・低音、赤いのがエフェクト、一番下が音量調節だ。人の声、特に男性は低音域が強い為、左につまんでカットしてあげるとはっきりとした声になる。

先ほどヘッドホンを使ったカラオケといったの覚えているだろうか。

実際のレコーディングの時はヘッドホンをして歌を歌っている。自分の声がはっきりと聞こえるので楽しみが広がるカラオケとなっている。

価格は30分単位で450円と結構値が張る。フリータイムを見計らっていくのがいいだろう。

声優目指している人、歌手を目指している人、ナレーターを目指している人。ここは本格的な設備で体験出来る場所なので、多少値が張っても一度は行ってみてほしい。

ひとりカラオケ専門店「ワンカラ」 多様化する個人の趣向に対応した、お客様一名で気軽 に立ち寄れる日本初の一人カラオケ専門のカラオケ店です。

こちらは、お客様のニーズ に応えたものとなっており、今後は都市型店舗として多店舗化していく予定です。

店舗:https://1kara.jp/ship/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す